これだけ差が出る!住宅ローンの借り換え

親しくしている知人から

「マイナス金利になって、住宅ローンは

借り換えをした方がいいんだろうか?」

と相談を受けました。

 

マイナス金利という事で、銀行は融資を

増やしたいだろうと推測されますが、

お金の専門家ではないので、

まずは銀行の方に聞いみることに。

 

銀行員さんに聞いたところ

「4月からまた金利が下がる予定」

とのことでした。

 

借り換えすることで、どれくらい支払額が

違うんだろう?と、

ちょっと計算してみることに。

 

住宅ローンの支払い方法には

大きく分けて「元利均等返済」と

「元金均等返済」の2種類があります。

 

一般的には、返済額(元金+利息)が一定

となり、返済計画も立てやすいことから、

住宅ローンの場合「元利均等返済」

が利用されています。

 

元利均等返済の概略イメージは

知っているけど、今更なのですが

そういえば計算方法って

どうなってるんだろうと、

調べたところ、こんな計算式

(下記)になってることを始めて知りました。

 

金融電卓やパソコンがあれば、簡単に計算

できますが、そういったものが無い時代は

手間がかかっただろうなと、つくづく思います。

金利が変わることで、

どれぐらい支払額が違ってくるのか?

 

元利均等返済で借入金額1000万円あたり

どれくらい支払額が違ってくるのか?

 

試算してみました。

(エクセル PMT関数を利用)

 

住宅ローンを借り換えする場合、

現在の借入条件や残高、借り換えに伴う諸経費を

考慮してからの検討になるので、

金利が下がったからといって

必ずしもメリットが出るわけでは

ありませんが残金や残年数が多い場合

100万円以上、支払額が下がるケースが、

けっこうあるのではと思われます。

 

将来的に金利はどうなっていくかは誰にも

分からないので、メリットがあったか

なかったかは最終的には、ローン完済時点でしか

判断できませんが、金利が下がり傾向にある現在、

今一度住宅ローンの借り換え検討、

見直しをするのもいいかもしれませんね。

 

 

BESPOKE 住宅ローン 住宅ローン借り換え マイナス金利

BESPOKE株式会社

広島県福山市松永町6丁目7番1-103号

TEL:084-930-4005

FAX:084-930-4015

 

ホームページ 

http://www.bespoke-net.com

 

E-mail

bespoke-email@nifty.com 

珪藻土の情報サイト
珪藻土の情報サイト